日々の暮らしに満足できる生活を目指して

仕事をしている主婦として、子育てとの両立はたいへんですが、そこにこそ充実があると思います

暮らし

キッチンスポンジの選び方・使い方

投稿日:


またまた、目からウロコの情報です。

キッチンスポンジによくある、硬い部分と柔らかい部分。

私的には、硬い方は油汚れに、柔らかい方は傷をつけてはいけない、ガラスや陶器などかなとおもっていました。

ところが、柔らかい方は硬い方に比べて泡の立ち方があまりないためについているんですって。

ということは、柔らかい方は洗うためにあるのではなく、泡立ちをよくするためについているですね。

全然使い方が違っていました。

実際に番組では、硬い方で洗ったときほんとに傷がつかないか検証していました。ほんとにつかないんですね(当たり前?)。

 

さて次は選び方です。

硬い方には2種類あって、1つは研磨粒子が入っているもの、もう1つは入っていないもの。

これは表示がしてあるそうなので、しっかり見ることが大切です(自分はほとんど見ないで買ってました)

研磨粒子の入っているスポンジは削るわけですので、注意が必要です。

ガラスやホーローは傷がついてしまいますので使うのはもっての外ってことですよね。

 

番組では、その他変わった素材のスポンジを紹介していました。

1つはスポンジをゴムで包んだもの、もう1つは起毛スポンジです。

どちらも、洗いを究めた素材のようで、あったらいいなぁというものでした。

 


-暮らし
-, ,

Copyright© 日々の暮らしに満足できる生活を目指して , 2020 All Rights Reserved.