日々の暮らしに満足できる生活を目指して

仕事をしている主婦として、子育てとの両立はたいへんですが、そこにこそ充実があると思います

「 raraの記事 」 一覧

鬼滅が好きすぎて2

2020/09/22   -娯楽
 , ,

以前は冨岡義勇が好きだったのですが、最近は栗花落カナヲの大ファンになっています。 ソファカバーを買ったり、缶バッチを買ったりしています。 そしてとうとう写し絵に到達です。 ただカナヲだけに飽き足らず、そのほかにも3枚ほど。 よく特徴を捉えているようです。 10月には映画を観に行くことになっているので、輪をかけて増えそうな予感。

鬼滅の刃が好きすぎて

近頃、ワカはアニメの「鬼滅の刃」にはまっています。 もう何度観たか分かりません。 挙げ句の果てにテレビ映像を止め、画面を見ながら絵を描いています。 それがこちら。 ご存じの方もいらっしゃると思いますが、キャラクターは「禰豆子」です。 本人的には「冨岡」さんが好きらしいですが。 でもまあ特徴をよく捉えています。 ものづくりから絵描きに変身です。  

お気に入りのコスメ

乾燥肌の私は、冬には手や脚がカサカサします。 ですからハンドクリームは手放せません。 でも今まで使ったもののうち、べとつかず「いいねぇ」と思ったものでも、しっとりと潤いを保っても1日でした。 そんなとき、友人から「これ使ってみたら?」とプレゼントされたのは、「ロクシタン」のハンドクリームです。 初めて使うハンドクリームで、「それほど変わりはないでしょう」という気持ちで使ってみたら、今までもののとは別格でした。 ロクシタンのハンドクリームは、たった1日塗っただけで、翌日もしっとりして、潤いがすごかったんです。 (ほぼ使い切っています) これは驚きでした。 ですので、続けて毎日塗っていました。 するとどうでしょう、いつまでも弾力のあるつやつやの肌に変身したんです。 プレゼントしてもらった友達に、「このハンドクリーム、すごい効き目で、これまで使ったどれよりも気に入ったわ」と言うと、「そうでしょう、私もお気に入りなの。」という返事。 もうハンドクリームはこれに決まりです。もう手放せません。 やっと見つかった、私があこがれていたハンドクリーム。 お気に入りコスメとなりました。 一度使ってみてくだ ...

残念ながら頑張り空しく

2020/05/09   -日記

コイのユミが危なくなった翌日。 頑張り空しく、残念ながら11時39分に旅立ちました。 思い返すと2年前の夏、三匹のコイを名古屋の実家からやっとの思いで移動させました。 1年後、二匹が亡くなり、そして今回最後の一匹が息を引き取り、哀しい限りです。 とっても怖がりな性格でありながら、とても優しいコイでした。 毎日餌をあげていたワカはとても悲しみ、丁重に庭にお墓を作っていました。 さらに哀しいことに、小赤(金魚)の孵化した稚魚はすべて育たず、残りませんでした。

鯉のユミが危ない

2020/05/01   -暮らし

おととしぶどう狩りで捕まえた三匹の鯉のうち、最後まで残ったのがユミ。 そのユミが何度も水槽のガラスにあたったせいなのか分かりませんが、頭の部分が少しめくれていました。 それから2日、今度は泳ぎ方がおかしくなり、とうとう横になったままの状態でかなり危なそうです。 こうなる原因は分かりませんが、ワカはとても悲しんでいます。 特効薬はないようで、学術的にも確立していませんが、とりあえず「ココア浴」で何とか回復をと願っています。

Copyright© 日々の暮らしに満足できる生活を目指して , 2020 All Rights Reserved.